【auもダメ】iPhone12に便乗したキャンペーンに騙されるな!

スマホ

2020年10月23日iPhone12が発売された。iPhoneユーザーは待ちに待った日がやってきたと思う。それは携帯キャリアも同様でauは朝7時台からYou Tubeで生中継するほどだ。

auではiPhone12を楽しむためにキャンペーンの紹介をしている。一見お得なキャンペーンに思えるが、”決して”お得ではない!

auでの購入を考えている方にぜひ読んで頂きたいキャンペーンの裏側をご紹介する!

黒招き猫
黒招き猫

30代の製造業サラリーマン。スマホやガジェットに目がなく、自分の知識を発信したくブログを始めた。
1児の父で妻と子育て奮闘中。他の趣味はゲームや映画鑑賞、アクアリウム等。

Twitterで気軽にフォロー頂けるとありがいです。

auのキャンペーン概要

auのキャンペーンは大きく以下の2つです。

・5G秋トクキャンペーン
・かえトクプログラム

それぞれ朝の生中継では副社長がプレゼンする力の入れようでこのタイミングを逃すまいとする気概が感じられる。

だが、はっきり言って巧妙にお得に見せているだけで全くお得などではなく寧ろ上手く客を囲い込む策略に満ちている。

各キャンペーンの落とし穴について詳しく説明する。

5G秋トクキャンペーン

こちらのキャンペーン概要は以下の通り。

①機種変更(12カ月目以上ご利用)で対象機種を購入
②対象の5Gプランに新たに加入するか、すでに加入していること
③故障紛失サポートサービスに新たに加入するか、継続して加入すること

①②③を満足し対象の5Gスマホに機種変すると
店頭ならスマホ代5,500円引、オンラインショップならau payに5,500円キャッシュバック
①はそもそもiPhone12に乗り換える前提なので問題ない。問題なのは②と③に掛かる金額に対し5,500円のバックが少な過ぎることである。
 

まずは②の5Gプランについて解説する。
auの5Gは基本データ使い放題である。

基本料金は3,460円(税抜)~との謳い文句です。5Gのデータ使い放題で4,000円弱で使えるのなんでお得!と考えるのは早い。複数の割引プランを組み合わせてこの値段であり、多くの但し書きがある。

各割引プラン割引月額:適用期間備考
家族割プラス2,020円:永久4人以上auに契約した場合。
2年契約N170円:永久いわゆる2年縛り。
スマートバリュー1,000円:永久ネット回線セット割り。利用料金は5,100円/月
スマホ応援割Ⅲ1,000円:6ヶ月以前au回線利用者は対象外の可能性あり
5Gスタート割1,000円:1年5Gプランによって割引率変化あり
合計5190円~3,190円 

※データMAX5Gの場合

条件が揃えば最大5,190円/月の割引されるが、家族割の人数やネット回線契約など条件としてかなり厳しい。


更に③の故障紛失サポートサービスの加入が必要である。

紛失時に12,900円(税込)払うことで新品のiPhoneが手に入るシステム。
iPhone12は979円(税込)/月の利用料が必要である。

このような安心料は基本高くつく。2年間で合計約23,500円と紛失しないと損になる。


これまでの条件で一人あたりの2年間の利用料金をauのホームページで算出した。
かえトクプログラムで購入する前提で算出した。かえトクプログラムについては詳細を後述する。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-36.png

2年間でなんと20万円も掛かる驚きの結果である。

5G秋トクキャンペーンで4人家族が2年間使用すると
スマホ代206,570円×4人+ネット回線5010円/月×24ヶ月=946,520円!!

気絶しそうな金額である。これだけ支払いしても手元にiPhoneは残らない。

さらに家族割と2年縛りの組み合わせはホント最悪である。解約するタイミングを失わせ、高い料金に家族まるごと取り込む悪質さは注意すべき点と言わざるを得ない。

かえトクプログラム

いわゆる残価クレジット購入の一つである。
分割払いしつつ最遅24ヶ月後にスマホをauへ返すことで残りの支払いが免除される仕組み。

上記の様に13ヶ月~25ヶ月の間に返すことで残りの支払いが不要となる。
iPhone12を例題として本当に安いのか検証する。

かえトクプログラムで購入すると2年間iPhone12を使え負担額は55,430円(税込み)となる。
販売価格は103,430円である。

一方Appleから直接購入した場合は94,380円(税込み)で差額は9,050円である。

2年経過した時の買取価格を予測しかえトクプログラムとの差を算出する。

2年前に発売されたiPhoneXSは64GBモデルで121824円(税込み)。2020年10月24日時点でiPhoneXSのゲオ買取価格は39,000円。元値に対する買取額割合は約32%である。

iPhone12Apple版94,380円の32%は約30,200円なので差額は64,180円。かえトクプログラムが8,750円お得となる

かえトクプログラムはau回線の契約をしなくとも利用可能である。

2年間であまりお得ではない上、au以外で使用するにはSimロック解除も必要となり手数料が約3,000円必要となるのでよほどの限り必要のないキャンペーンである。

まとめ

auの朝イチ生放送はこの様な複雑な背景を伝えずにあたかもお得なプランであるかのように誇張する広告であった。

auでのiPhone12を購入しようとしている方はご注意願いたい。

逆にキャリアで契約するのは「携帯の事がよくわからないので手厚いサポートを受けたい」という方にはオススメである。

今後ブログ内ではスマホ代を安くする具体的な方法をご紹介する。

そもそもiPhone12は今買いどきではない。

私としてはPixel5がオススメ!

黒招き猫
黒招き猫

記事が面白かったらコメントかTwitterフォロー宜しくお願いします!
Twitterはこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました